感情的衝動と論理的思考

人間とは、論理的思考と感情的衝動の両方を持つ地球上で唯一の生き物である。

忙しいビジネスマンは仕事に集中するあまり、日常生活にまで論理性を持ち込んでしまう。

しかし、我々は感情も持っているということは忘れてはならない。

やりたくないが仁義を通す、命より大切なものを守るために身を投げ出す。ルールを守って生きていくために自分に嘘をつく、などの行いは、人間が矛盾を抱えながら生きている証拠だ。

それはあなただけではなく、全員が抱える人間としての逃れられない宿命なのだ。

 

人間には感情がある

人間にはさまざまな感情がある。

何かの出来事に直面したとき、我々は感動、興奮、ショックを獲得し、気持ちが変化する。

感情の種類は、喜怒哀楽の4種に限らず、異なる感情が混ざったり、強弱があったりと、社会生活を送るうえで様々な場面に出会い、複雑な形で発生する。

また、感情を他者に伝えたいという欲求は、芸術を発展させ、現代にいたるまでさまざまな感情の表現方法を生み出した。芸術は人類が誇るべき文化活動である。

 

感情は、人間を変える力がある。変化や行動の源泉になる。

人間は感情によって何かを始めたり、または努力を続ける原動力でもあり、続けていたものを止めるきっかけにもなる。感情には人間を変える力があるのだ。

感情にはまた、欲望という一面もある。

○○が欲しい、○○したいという気持ちが強すぎると、周囲との人間関係に与える影響が強く、不和を生む。このため、集団生活の円滑化のために、欲望は自制の対象とされてきた。

この欲望と自制との戦いは、宗教や法律を経て、今なお続いている。

少なくとも、感情のままに生きていくことは、いかにも動物的で知性を感じない。

 

人間は論理的思考ができる

人間は考えるとき、論理を組み立て、その道筋に沿って答えを導くという方法を身に付けている。

筋道を立てて考える手法は、正解や最善策を導く最短で合理的な手法であるが、人間には感情があるため、しばしばこれを邪魔する。

このため論理を重視した思考や生き方には、思考に対し干渉してくる感情を排し続ける強い意思や忍耐力が求められる。

 

このような筋を通した考え方ができるということは、人間特有の性質であり、人間に生まれたものとして存分に使うべきものである。

考え方だけではなく、こういったいわゆる筋を通す生き方は、他者から見ても明快で美学を感じさせるものであり、その姿勢は、文学やエンターテイメント(ドラマ、映画)などの構成要素にされることがある。

パートナーへの愛を貫くラブストーリーや、勧善懲悪のヒーローもの、仁義を貫くヤクザ映画などがわかりやすい例だろう。

しかし現実には、論理にばかり従ってのみ生きていく姿勢もまた、いかにもロボット的で幅を感じない。

 

人間は感情と論理の間の存在

社会生活における行動には論理性が求められるが、人間には感情がある。

現代社会では、個人が出した結果や決断には根拠を求められ、行動には正当性を求められる。

しかし、人間には本能的衝動や直観など、論理を超越した動機も発生する。

 

我々人間はこのような論理と感情の間でもがいて生きている。

このような相反するふたつの要求に挟まれ、どちらを優先するべきかという課題の解決は、いつも難しい。まるでシーソーの間に立たされているようだ。

その結果、「不合理だが満足したい。」または「不満だが合理的である。」という釈然としない状況に追い込まれる。

様々な選択において、決断の方針を感情か論理かのどちらか一方に絞れば悩まずに済むのだが、

論理偏重な生き方は味気なく、感情偏重な生き方は野蛮である。

 

しかし、どのような生き方もその人の選択であり、その人の正義の上で正解である。

どのような方針で決断をするか、どのような状況で感情を優先させるのか、どのような場合に論理を優先させるのか、それがその人のオリジナルの姿勢であり、その人の人生を作っていく。

 

感情が先か、論理が先か

人間は、感情に揺さぶられ、行動を起こす。そのあとに正当化する理由を後付けする傾向がある。

そしてこの流れ(プロセス)は、無意識下で行われているため、本人には自覚がないことが多い。

本人がどんなに正当な理由で選んだと思っている選択も、実は単純に欲求を優先した結果であることが多い。

 

一般的に我々は、実生活上の選択や判断をするにあたり、その正当な理由を根拠として、それに基づき選択や決断、行動に移していると思っている。

しかし、現実には無意識下で逆のことが起こっている。

実は欲求を満たす選択を先に決断しており、これを正当化する理由を探し出す。

その理由が多少根拠に乏しかったり、説得力に欠けたとしても、欲求を満たす許可を自分に下す。

そして論理的後付けは、必ずメリット面だけを理由に挙げる。

本来同時に予見していたデメリットに関してはこのとき、まったく伏せられたままである。

 

例えば、買いたいものを買うとき、やりたくない仕事を先送りするとき、このようなプロセスを踏んでいる。

我々には、こういった結論ありきの行動が多い。

欲求を満たす決断をした後に、言い訳を見つけ出し、自分の行動に許可を出す。その正当性をもって行動に出る。そして欲は満たされる。

●参考リンク:無自覚な嘘│「判断」は「理由」に基づいていない

 

一見、大人げないわがままなふるまいである。

しかし、それが必ずしも悪いことだというわけではない。

人間には、そのような傾向があるということを知っておくことが大切だ。

こういった人間の性質を知っていれば、あらかじめそのような行動をとろうとする自分を律することができたり、他者の行動にも理解を示すことができる。

それが男の懐の深さを生むのだ。

 

まとめ

このように人間は、社会生活を営む上で論理と感情に挟まれて生きている。

言わば人間は、感情的衝動に支配される動物とプログラム通りにしか動けない機械との間に位置している。

そして各個人が人生に起きる様々な状況に対面したとき、時には論理を優先したり、時には感情を優先させたりと、その人なりの主義、正義を反映させた形で課題の解決に立ち向かう。

その結論とその結果の積み重ねがその人の個性や生き様と言われるものになり、それぞれの人生の大切な構成要素になる。

感情も論理もどちらも重要で、どちらか片方だけが推奨されるものではない。

どちらか片方に偏重した生き方というのは、いかにもバランスが悪い。

感情と論理の両方を尊重し、両方を生かすことが、より豊かな人生を送ることに繋がる。

はたして今日、あなたが下した決断は、論理に基づくものだっただろうか、それとも感情を優先したものだっただろうか。