転職

【転職成功の条件】転職を成功させる人が持つ4つの信念

更新日:

転職する人は多いが、全員が希望通りの職場に在りつけるわけではない。

過酷すぎる転職活動の途中で心が折れてしまったり、転職後に後悔する人もいる。

 

私は崖っぷちの35歳で転職活動し、成功させた。

転職先では、やりたい仕事を続けることができ、同僚に恵まれ、年収も100万円以上増えた。

転職活動では、様々な困難に出会い、辛いことも多かったが、希望通りの仕事、労働環境を手に入れることができたのは、強い意思があったからだと思う。

 

それでは、転職成功の条件としての強い意思とはどのようなものか、具体的に解説する。

 

転職を成功させるために

転職を成功させる人は、例外なく「強い意思」をもって転職に臨んでいる。

どんなに辛くても、追い込まれても、転職にかける強い気持ちで困難を乗り越える。

そんな強い意思が必要になるのは、それほど転職活動というものがかなり辛いものだからである。

 

転職活動の過酷さ

転職活動を始めてみて、全員が思い知らされるのは、かなり過酷だということだ。

必至に頭をひねり、自分の仕事人生を託した職務経歴書を送っても、相手にされない。

なんとか面接にたどり着き、必死に自分をアピールしても、結果は不合格ばかり。

気分はまるで賽の河原。丁寧に丁寧に積み重ねた石の山は、不合格の一言で一気に崩される。

そして、また一からやり直しだ。

この時の気分の落ち込みは激しい。しかも仕事に打ち込んできた人ほど、このショックは大きい。

 

しかし、負けてはいられない。

転職は人生をかけた戦いだ。まさに生きるか死ぬかを分ける、天下分け目の大一番。

その後の人生を満足いくものになるか、不満足なものになるかは、この転職にかかっているのだ。

 

転職は人生をかけた一世一代の大勝負だと心得よう。

そして、「この勝負に絶対に勝つ」という強い意思が過酷な転職活動の精神的な支えになり、転職が成功するまで高いモチベーションを維持することができるのだ。

 

転職成功の条件① 明確な目的意識

転職を成功させる人は、転職に対する考え方が深く、重い。

「仕事が辛い」「上司が嫌」などという、浅はかな理由で転職を決意することはない。

  • なぜ今の自分に転職が必要なのか
  • 転職を通じて人生で何を実現したいのか
  • 転職でなければそれは実現できないのか

これらに対する答えを非常に明確に持っている。だからこそ、転職に望む条件が明確でブレない。

絶対に譲れない条件がある一方で、それ以外は許容するという覚悟もある。

だからこそ応募する企業も絞られ、面接の対策も立てやすい。

さらに動機もはっきりしているため、面接での訴求力も高まり、面接官の心をつかむ。

そして転職先においても、目的が達成されているから大きな不満を抱えることはない。ましや転職を後悔することもない。

 

転職を失敗する人のパターン

たとえどんな職場に転職しようとも、仕事が忙しすぎる、上司や同僚がめんどくさい、という環境は、どこでも同じ。

会社で仕事をする限り、不満やストレスから逃れられない。

しかし、仕事をする目的意識が薄い人は、転職先でもこうした不満を受け入れられず、転職を後悔したり、さらに転職を考えたりする。

これではきりがない。

転職の決意は、現実逃避でなくもっと自分の人生に根付いた判断であるべきである。

 

転職成功の条件② 確固たる自信

転職を成功させる人は、現職の仕事にしっかり打ち込んだことで実績と経験を積み、自分の仕事スキルに自信を持っている。

  • 俺はこの会社でしっかり実績を積んできた
  • 俺のスキルなら他社でも十分やっていける
  • 面接官にもしっかりこの点を聞いてもらおう

転職を成功させる人はこう考えているし、これくらいの前向きな気持ちが必要になる。

むしろ、「俺が会社を引っ張っていく」というくらいの意気込みだ。

 

逆に、これくらいの自信がなければ、転職を成功に導くのは困難だ。

自信の無さは言葉に現れる。だから、提出する書類にも面接で発する言葉にも力がこもらない。

下手に出て顔色をうかがうような気持は、社会では歓迎されないことは知っているはずだ。

 

また、自信があれば、厳しい転職活動を続けることにも不可欠である。

たとえ不合格の通知が来ても、自信を失わないように気持ちを切り替えることも重要だ。

  • 落とされたけど、スキルが否定されたわけではなく、意向が合わなかっただけ
  • 俺を落とすなんてもったいないな

自信があればこうした考え方ができ、無駄に傷つくことを避け、モチベーションを維持できる。

転職活動中は、決して自分のスキルを疑わないことが大切である。

「俺は優秀な人材だ!」と現実を受け入れない都合のよさが、転職の場では必要だ。

 

しかし、「自分には実績もないし、自信もない…」と思っても、転職できないわけではない。

自信は自分で見つけることができる。実績がないと思っているのは自分だけだ。

冷静に振り返り、自分が仕事で何を残してきたのか、どのように仕事をしてきたのか、これらは全て自分の誇るべき財産であり、自信になる。

自信がないと思って転職を躊躇してしまう人は、冷静に自分の仕事ぶりを振り返ってみよう。必ず他人に、他社に誇れるものがあるはずだ。

 

転職を失敗する人のパターン

転職を進める上で避けて通れないのが、不採用通知である。

この結果は、本人に多大な精神的ショックを与える。

しかも頑張った人ほど傷は深く、体調を崩して寝込んでしまう人もいるほどだ。

これはショックを受け止めることができないほど、自信が弱ってしまったからである。

自信はモチベーションの根源だ。自信を失ったら転職は終わりだ。

 

転職には、どんなに否定されても、どんなに辛くても踏ん張る力が求められている。

たしかに不採用通知によって、自分を否定されたような気がして立ち直れないかもしれない。

しかし、将来、過去を振り返ったときあのとき踏ん張ってよかったな、と思える日が来ると信じて、自信を失わない様にすることが、転職に限らずすべての面において成功のコツである。

転職は人生の分岐点になるということを、自覚しよう。

 

転職成功の条件③ 身に迫る焦り

転職を成功させる人は、転職のモチベーションとして「焦り」を感じている。

「このまま現職を続けていたら、人生が台無しになってしまう」という全身にのしかかる切迫した気持ちが転職を決意させる。

だから、「こういう仕事がしたいなぁ」とか、「もっと給料が高いところがいいなぁ」程度の誰にでも思いつくような動機ではない。

もっと個人的な問題であり、もっと壮大で、人生を長期的スパンで見たときに感じたものがモチベーションとなっている。

 

だから、絶対に引かないし、譲らない。転職先に求める条件は絶対にブレない。

あれもいいな、これもいいなというボンヤリした見方をしていない。

無論、転職を上司に引き留められても頑として聞かないし、問答無用で辞める。

なぜなら、自分にとって無用と判断した空間で人生を無駄にしたくないからだ。

 

今の職場で時間を過ごすことの無駄に気付いている。

このまま時間の経過とともに、自分にとって大切なものがどんどん失われていく恐怖がある。

ゆえに、転職を成功させる人の使う言葉は、鋭さが違う。

「早く転職しなければヤバいことになる」という思いが語気を強め、説得力を持たせる。

この必死さこそ、求人側が求める志望動機の本質である。

 

転職を失敗する人のパターン

転職で失敗する人は、モチベーションが貧弱で、発する言葉には説得力がない。

「○○したい」「○○だといいなぁ」程度の気持ちでは、相手を惹きつける言葉を生み出せない。

  • なぜ転職しなければならないのか。
  • なぜこの会社、この仕事でなければならないのか。

という質問に対する答えは、いかにも面接対策の本で勉強したようなありきたりの言葉になってしまう。

これでは「無難」の域を出ない。一歩抜きん出た他の候補者が内定を勝ち得るだろう。あなたは勝負に負ける。

ところが、転職を成功させる人の転職の動機は「○○でなければ困る」というものである。

転職で成功する人と失敗する人の動機の差は歴然としている。

 

転職は、人生をかけた戦争だ。その戦いに命を懸ける価値を見いだせるかどうか、が問われている。

 

転職成功の条件④ どんな修羅場にも耐える覚悟

転職を成功させる人は、転職に関して覚悟ができている。

今の職場を去ることも、転職先に生じる障害を受け止めることも、覚悟の上で転職を決断する。

 

よく考えてみればわかることだが、転職して職場を変えたところで決して楽になることはない。

一から人間関係を再構築しなければならないし、覚えることもたくさんある。しかも早期に。

また、面接の際には、即戦力を約束するはずだから、その約束も話さなければならない。

大きな覚悟がなければ、こうした多すぎる仕事量と大きすぎる責任を受け止めきれない。

 

しかし、覚悟ができて転職した人は、後悔することはない。

自分の明確な目的意識によって選んだ転職先では、全てを受け止める覚悟ができていたからである。

 

転職を失敗する人のパターン

転職に失敗する人は、覚悟の点において甘い可能性がある。

「どんな仕事も任せてくれ」「どんなに辛くても耐え抜いて見せる」と考えていないと、

面接のときに答えにつまったり、一瞬の迷いが生じたりする。

 

面接とは、こうした一瞬の微妙な変化を見るために直接会って話すのである。

もちろんこうした一瞬表れた違和感を面接官は見逃さない。

 

あるいは、転職後に後悔することもあるかもしれない。

転職後の労働環境に不満があるのかもしれないし、転職活動自体に失敗して妥協した会社に転職したのかもしれない。

理由は様々あるだろうが、覚悟があればある程度は許容できたものだ。

 

いくら面接で取り繕っても、人間は本質的な部分ではウソをつけないし、長続きもしない。

転職先がどんな地獄になろうとも耐え抜くという覚悟が、転職では試されるのである。

 

私の転職体験談

私は一つの職場でずっとくすぶっているダメ社員だった。

日々増えていく仕事量に押しつぶされ、「こんなとこ辞めてやる!」と心の中で叫んでいた。

だが、転職を決意することはなかった。他社でやっていける自信がなかった。

せめてもの救いは仕事にやりがいを感じていたことだった。仕事には誇りを感じていた。

 

ところが、経営不振が続く会社はとうとう売却され、経営方針の変更により、今まで誇りを感じていた仕事ができなくなることが判明した。

それを知ったその日の夜には、転職のことを調べ出していた。転職は即決だった。

そこからは必死だった。必至に面接の準備をしたが慣れない面接に苦労し、何度も落とされ、心が折れた。

 

不採用の通知は、考えすぎだとはわかっていても、かなり傷つく。

自分のこれまでの仕事ぶりが否定されたばかりではなく、人間性まで否定された気がした。

だが、ここで人生を棒に振るわけにはいかない。

 

結局、転職は希望の仕事ができる会社から内定をいただくまで続けることができた。

そして、何度もくじけそうになった気持ちを奮い立たせたのは、

  • 転職が必要だという目的意識
  • 自分は優秀なはずだという思い込み
  • 人生の転機になるという自覚、
  • 転職できたら次の職場で骨をうずめるという覚悟

だと、今でも考えている。

 

まとめ

転職をしないという選択もある。

転職せずとも実現できることはたくさんある。

 

給料に不満があるなら、出世や副業という手もあるし、

人間関係に不満があるなら、接し方を見直して改善できるかもしれない。

それにどこに行ってもめんどくさい人はいる。

 

今の自分が抱えている問題は、転職以外の方法でも解決できるかもしれない。

転職せずに済むということは、転職を失敗せずに済んだということだ。

 

転職は、びっくりするほど厳しい戦いになる。それ相当の覚悟や準備が要る。

今の会社を一歩出たら、客観的に自分のスキルを観察されるのである。

 

しかし、それでも「自分に転職が必要だ。」と思えるなら、きっとその転職は成功するだろう。

転職は人生において重要な転機になる。

ぜひとも強い意思を持ち続けて、転職を成功するまで続けていただきたいと思う。







-転職

Copyright© メンズライフ コンサルティング - ファイトクラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.