人生

【男の品格】男らしい人の特徴と男らしくなる6つの方法

更新日:

決断力があり行動力にあふれ、背も高く体格もがっしり。しかも知的で稼ぐ力がある人。
男らしい人とは、大抵こんな人を指して言う。
一方、このような男らしさを思うように発揮できず、悩む男性が多い。

例えば、優柔不断で消極的、いつも猫背で体力もなく、知識も少なく稼ぎも少ない。
このような点に自分の不甲斐なさを感じ、男らしくないと悩んでしまう。

しかし、本当は内に秘める男らしさを活かしきれていないだけだ。
男らしくなりたいなら、必死に隠している自分の奥にある男らしさに目を向け、しっかり引き出し、表に出す勇気が大切である。

 

男らしい人の特徴

社会では様々な場面で、「男らしい」あるいは「男らしくない」という評価を見聞きする。
ある時は職場で、ある時はメディアで、ある時は酒の席で、男性を評価する際によく使われている。
それでは、一般的に認知されている「男らしい」とされる特徴を紹介しよう。

 

英雄的な男らしさ

  • 仲間や愛するものを助けるために、自分の命をも投げ捨てるような、自己犠牲の精神。
  • 立場の弱い者側に付き、彼らとともに敵対勢力と戦う姿。
  • 夢や目標の実現のためには、心身がボロボロになっても諦めない、芯の強さや根性。
  • とにかく猪突猛進。とにかく前に進んで問題を解決していく強引な行動力。
  • 失敗やショックに打ちひしがれても、いつまでもクヨクヨしない感情面での強さ。

男の子は小さいころから、アニメや漫画などを通して、男のあるべき姿を学習する。
正義のために戦うヒーロー的な姿は、男にとって永遠の男らしさの象徴である。

 

日本の伝統的な男らしさ

  • 敵に対しても敬意を払い、礼儀礼節をわきまえる。過剰な追い込みをかけない。
  • どんなにつらい目に遭っても、感情を押し殺し、人前で涙を見せない。
  • 黙して語らず。何でもかんでも口に出してしまうのではなく、慎重に言葉を選ぶ。
  • 目的の達成のためにはどんな苦痛にも耐え抜く忍耐力がある。
  • 引き際や死に際に美学があり、潔く負けを認めたり、死を受け入れる覚悟がある。

これらの価値観は、現代人がイメージするサムライ像そのものである。
端から見れば物静かであるが、内に秘めた熱くて強い思いがあり、そこに男らしさを感じる。

 

理想のビジネスマン的な男らしさ

  • リーダーシップがあり、組織を強引にまとめ、プロジェクトを進める力がある。
  • 社交性に優れ、人間関係や団体間の関係構築スキルや、交渉力がある。
  • 問題の本質を突く鋭い目を持ち、慎重かつ大胆な決断力がある。
  • 信念がある一方でこだわりを捨てる潔さがあり、後に引きずらない。
  • 責任感が強く、有言実行。やり切るまでボロボロになっても絶対に力を抜かない。

まさに、ビジネスマンとしての理想像であろう。
様々な困難があろうとも、仕事を前に進める力は、尊敬の対象とされる。
また、評価と共に給料も高いことも、男らしい魅力の一つである。

 

身体的な男らしさ

  • 背が高く、筋肉や骨格ががっしりしている。
  • 重いものを持ち上げたり、疲れにくかったりと、運動能力が高い。
  • 明らかに女性とは異なる、声の低さ。

男性と女性は、明らかに身体的特徴、運動能力が異なる。
女性から見て自分にない能力を備えた男性に対し、男らしいという評価をする。

 

女性の都合で求められる男らしさ

  • 多少のわがままや失敗を受け止めてくれる包容力。
  • 小さなことなど気にしない器の大きさ。
  • 知識や経験が豊富で頼りがいがあり、安心感を与える。
  • 背の高さや運動能力の高さ
  • 家族を養うのに十分な収入を稼ぐ能力

女性が男性に対して持つ理想像である。
この理想に合致する点がある場合、その男性を男らしいと評価する。

 

男らしい人の特徴まとめ

以上のように、男らしい特徴とは、男としてあるべき姿、理想像である。
こうした価値観は、男に対する理想の押しつけである一方で、生きる指針にもなっており、社会を支える見えない支柱となっている。

だが、あまりに多岐にわたっていることもあり、理想を押し付けられる男性側としては、多すぎる宿題のように抱え込みすぎて、
プレッシャーを感じたり、男らしくない自分に不甲斐なさを感じ、ひそかに落ち込む人が多いのも事実なのである。

 

結局、男らしい人とはどんな人なのか

以上のように、男らしい人の特徴は、状況に応じた理想的な態度を指す。
状況とは、様々な場面を想定することができ、多岐にわたるのだが、結局のところ、一体どんな人が男らしいのだろうか。

その答えは「自信」である。

自分に対する自信こそ、男らしいと評される人々の根幹にしっかり根付いている。
つまり、男らしい態度を示せるかどうかは、自分に対する自信の強さで決まるのである。

 

なぜ自信がある男は男らしいのか

自信とは、自分を信じる力である。
そして、自分を信じる力が強い人は、以下のような考え方をする。

  • 自分で自分の存在を肯定的に考えている。
  • 周囲から認められるべき存在だと確信している。
  • 自分の持つ能力に誇りを持ち、この能力を伸ばす可能性を信じている。

だから、例えば以下のような男らしい態度を示す。

  • 自分の判断に自信があるから、リスクを取って決断を下す。
  • 自分の可能性に自信があるから、一歩を踏み出す勇気がある。
  • 自分には価値があるとわかっているから、相手に堂々と意見を主張する。

このように、自分に自信がある人は、男らしさを発揮する。
決断力、行動力、リーダーシップ、マネジメント、社交性といったものは、考えの根幹に「自信」があるからこそ、内に秘めた自信が男らしさとして表に出てくるのである。

これを言い換えると、男らしくないと肩を落としている男性は、
自分に対する自信を強固にすることによって、もっと男らしい男に近づける。

だから、男らしさを追求するためには、社会が求める男らしい男、女性が求める男らしい男など、外部に答えを求めるのではなく、
自分の内部に課題を見つけ、乗り越えていくことで本質的な男らしさが手に入るのだ。

それでは、自信を身に付けるにはどうすればいいのだろうか。

 

男らしくなる6つの方法

前述のように、男らしさを追求するには、自分に対する自信を今よりも強くすることである。
それでは自信を持つためにはどうすればいいのだろうか。
以下に6つの方法を紹介する。

 

過去の男らしかった行動を振り返る

過去を振り返り、自分が男らしかったとおもう瞬間を振り返ろう。

  • 何か大きな実績や困難を乗り越えたことがなかったか
  • 苦しい状況に追い込まれても、どんなことに頑張ったか
  • どんな状況で勇気を振り絞って一歩を踏み出したか。
  • 周囲の反対意見を押し切ったことがなかったか

この際、結果は重要ではない。
そうした困難に立ち向かったという自分の努力のプロセスがあったということを振り返ろう。

自分に自信がなく、男らしさを忘れてしまった男たちは、こうした頑張った過去を否定したり、勇気をもって戦った誇らしい事実を、結果で判断し、無かったことにしてしまう。

どんな結果になったとしても、勇気をもって戦ったことがあることだけで十分男らしい。

そんな過去があったことを思い出し、自分に誇りを持とう。

 

自分の長所を確認する

誰にでも優れている点や得意な分野を持っているものである。
こうした他人と比べて優れている点が自分にあることを、もう一度確認しよう。

  • 過去に誰かに高く評価されたことはどんなことか。
  • つい自慢したくなるものは何か。
  • 誰よりも時間をかけて取り組んでいることは何か

誰かよりも優れている、と言う優越感は自分に誇りを持つことに繋がる。
こうした誇りが、自分に自信を与え、自信が男らしさに現れるのである。

 

自分の考え方のクセに気付き、修正する

自分に自信がない人の特徴として、やたら自分を否定することが挙げられる。
自分の能力やその可能性、あるいは自分の実績に対していつも否定的である。
こうした自己否定ばかりしていると、自信に必要な自己肯定感が生まれない。
つまり、男らしさを発揮するためには、自己否定する癖を止めなければならない。

もし、なんでもかんでも自分を否定したがる考え方のクセがあることに気付いたら、ただちにその癖を修正する必要がある。
「俺には能力がないから」、「俺にはお金がないから」、「俺には時間がないから」と、過去と現在と未来に悲観的な見方をしてしまったら、その都度、自分をフォローするようにしよう。

どんなに努力をしても、どんなに自分の長所に自覚を持つことできても、結局それらを否定してしまう癖が抜けていなければ、男らしさの根幹にあるべき自信は育たない。

 

できない理由ではなくできる理由を探す

自信がない人は、目の前の課題から逃げようとしてしまう。自己肯定感が低いために、解決可能だと思えないからだ。
しかし、これからはできない理由を見つけて逃げるのではなく、できる理由を探して解決の道を見つける努力をしよう。
いつもの癖で目の前の課題から逃げようとする自分の思考を踏みとどまらせ、本当に解決は不可能なのかどうか、解決への道を模索してみよう。

手を尽くせば、何かヒントがあるはずだ。基本的に解決不可能な問題などない。
諦めるまえに本当にやれることは全部試したのかどうか、振り返ろう。

 

自分の気持ちを最優先する

自分に自信がない人は、自分の気持ちを押し殺してばかりいる。
周囲に合わせてばかりで、いつも我慢ばかりしていて、不遇な扱いを受けても反撃しない。
この悪い流れを断ち切ろう。

  • 我慢ばかりしていないで、言うべきことは主張する。
  • 理不尽な扱いには、反論する。
  • やりたいことは、やれるように努力をする。

自分に自信を持つためには、自分を大切にしなければならない。
もっと自分の本音、自分の本当の気持ちに気付き、これをいかに実現するか、という視点で物事を考えるように切り替えよう。

 

男らしさは自分で決める

自信がない人は、社会が求める男らしさや女性が求める男らしさと、自分の言動や姿勢を比較して、落ち込んでしまいがちである。
しかし、こんな無駄な時間を過ごすことはもうやめよう。

男らしいかどうかは、結果や周囲に判断を任せるのではなく、自分で判断すること。

どんな結果であっても、周囲に否定されても、自分の内部に見つけた男らしさを大切に守り続け、「俺は男らしいんだ!」と思い続けることが、自分に自信を持つコツである。

自分に自信がある人、男らしい人は他人の評価を気にしない。
それは自分で自分に価値があることを知っているからであり、他社に判断されるべきではないことを知っているからである。

 

「男らしい」という表現の曖昧さに注意

男らしいという表現は、非常にあいまいで直観的な印象で使われる。
記事上部に挙げた男らしさは、一場面を切り抜いた時の表現にすぎず、異なる状況や違った視点から見ると「男らしくない」ということもできる。
例えば、プロジェクトを強引にグイグイと引っ張っていく姿は、男らしいものとされるが、引っ張られる方の立場からすると、弱者をいじめる男らしくない態度である。

また、自分の信念を大切にして自分のスタイルにこだわる姿は、男らしいとされるが、他人から見れば小さいことにこだわる、めんどくさい男らしくない態度である。

このように「男らしい」という価値観は、つかみどころがなく要領を得ない。ゆえに、全く気にかける必要などない。

よって、男らしくない部分にコンプレックスを抱えている人は、全く気に病む必要もない。
そんなことに悩む時間があるなら、自分の生き方を追求したほうがいい。

 

女性が求める男らしさに耳を傾けるな

女性の求める男らしさとは、驚くほど女性にとって都合のいい解釈で使われている。
自分を基準として自分より能力の劣る男性や、理想的なふるまいをしない男性に対し、男らしくないという評価を下す。

つまり、女性から「男らしくない」と言われると社会的価値観として合致しない部分を指摘されたと思ってしまうが、実際のところ、その女性にとって理想的でないときにのみ、男らしくないという人格否定的な判断を下している。
ひどく一方的な言い分である。

女性にモテようとするな

男らしさに悩んでいる男性の中には、女性に気に入られたい気持ちから「男らしくなりたい」と考えている人もいるだろう。
しかし、ここにも注意が必要である。

女性に気に入られようと、女性の求める男らしさを身に付けようとする男ほどモテない。
これは自分に自信がない人の典型的な発想であり、他人の顔色をうかがう態度である。

そして、こうした態度は、女性に気に入られることは無いのだ。
そんなことに調子を合わせず、自分の価値観で自分の在り方を自分で決める男性こそ真の男らしい男性であり、そういう姿勢が女性に限らず男性をも惹きつけるのである。

何事も表面的な対応では限界があるものなのだ。

 

まとめ

この社会に長く生きていると、「男らしい人」と聞くと、映画の主人公のような英雄的なふるまいや、バリバリ働き実績を重ねるビジネスマンなどをイメージしてしまう。
いつの間にか社会から、男らしい人とはこういう人、という価値観が刷り込まれてしまっているのだ。

だが、男らしいという表現は、一面的な見方に過ぎない。
だから、こうしたあいまいなものを追いかけることはやめよう。

男らしくないと悩んでいる男性が目指すべきは、男らしさではなく、自分らしさである。
自分の中にある男らしい部分を見つけ、これを誇りに自分らしく自分の人生を歩いていくこと。
これが実践できた時、おそらく周囲から男らしい人という評価を受けているはずである。

 

■参考リンク(外部サイト)

・男の自分磨きに最も適した環境とは?







■おわりに
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本記事が、読者の悩みや苦しみ、辛い気持ちを少しでも緩和し、前向きになれる気付きや希望を提示できたものであれば、筆者としてこれほどうれしいことはありません。
ひいては、読者が抱えている困難の克服や夢の実現を通して、社会と人類への貢献につながることを願ってやみません。

◇姉妹サイトのご案内
・絶景ファン
自称・絶景ハンターが実際に見てきた「世界の絶景」を本人撮影の写真と共にご紹介しています。

・幸運の女神の口説き方
成功・失敗事例の分析と心理学等の豊富な知識をまとめて完成させた成功理論をもとに、多くの人が抱える悩みに対し、論理的な解説と具体的な解決策をアドバイスしています。

-人生

Copyright© メンズライフ コンサルティング - ファイトクラブ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.