はじめに

 

■結婚を焦らない30代

かつてこの国では男たちの生き方は決まっていた。

いい学校、いい会社に入り結婚する。会社では仕事に打ち込み、出世を目指すことが美徳とされた。

 

ところが現代は違う。個人主義の浸透が価値観を多様化させた。

幸福の定義は各個人に任され、結婚についての義務感は時間の経過とともに薄れてきている。

こうした時代の流れを背景にして、30代になっても結婚や恋愛に全く焦りを感じない人は多い。

 

出会いがない、仕事に集中したい、趣味を楽しみたい、結婚にメリットを感じない。

こうした理由は本人のライフスタイルや価値観を表しているが、

中には、低い自己評価をごまかすための都合のいい言い訳にしている人もいる。

 

■彼女ができない本当の原因

結婚できていないこと、女性にモテないことに悩んでいる人は、自分に魅力がないと勘違いしている。

収入が少ないから、外見が悪いから、勇気がないから、だと本気で思い込んでいる。

そんな惨めな自分を、優しい友人たちはきっと慰めてくれるだろう。「それは女がお前を見る目がないのだ。」と。

 

それは違う。女がお前を見る目がないのではない。自分が自分を見る目がないのだ。

つまり、足りないのは、自分の恋愛に関する自己分析だ。

今の自分が彼女ナシ状態なのは、自分の恋愛観とまっすぐに向き合ってこなかったからである。

 

この自己分析さえできていれば、今ごろ「彼女ガ―、結婚ガー」など無駄な悩みを抱えていなかったのだ。

今までたくさんあった恋愛の機会を無駄にしてきたことに気付け。

自分の魅力を隠し、女性からのアプローチを無下に扱ってきたことを自覚しろ。

 

■このまま彼女ナシで人生を終えるつもりか?

女も同じ人間だ。

彼女なんてものは、同性の友達と友情を結ぶように、力まずとも自然にできるものなのだ。本当だ。

 

それを難しくしているのは自分の恋愛に関する誤解があるからである。

この誤解を解かないままでは、どんな努力も非生産的なままだ。

しかし、自己分析でその誤解を解くことができれば、心がけ1つであっという間に彼女ができるだろう。

 

本サイトには、私の経験を踏まえて構築した独自の理論とアドバイスを詰め込んだ。

まずは彼女を作ろう。